【ドル円】テクニカル予想「売り手優位の展開。直下は重要な節目」

usdjpy-technical-expected-20200914-title テクニカル分析

2020年9月14日時点のドル円テクニカル予想です。



無料のテクニカル講座を行っており、読者向けにドル円のリアルタイムチャートを即興で分析しました。



結論として、ドル円の時間軸別で方向性は以下の通り。

  • 短期→下向きで売り手が優位
  • 中期→下向きで売り手が優位
  • 長期→下向きで売り手が優位


全体の時間軸を通して、売り目線。


とは言え、今すぐ売れ・絶対売れとは言い切れません。(そんな単純な話ではない)


しっかりと相場を理解するため、ミクロ環境からドル円のテクニカル予想を解説します。


本記事は、「無料テクニカル講座」の読者向けです。
同様の分析力を誰でも手に入れられます。

無料テクニカル講座の一覧


【ドル円】テクニカル予想 マクロ環境は重要な節目に接触

usdjpy-technical-expected-1

まずは、月足からマクロ環境を把握しましょう。
長期的なドル円の見通しは「下よりの持合い相場」になります。



なぜなら、明確な2つの節目がディセンディング・トライアングルを形成しているからです。


  • 2015年以降から高値で意識されていトレンドライン(白線)
  • 同様に過去5年間は安値を支えてきたレジスタンス領域(水色)




節目」とは、トレンドラインとレジスタンスライン(領域)です。
この節目は、2015年以降からドル円相場で強く意識されてきました。



実際に値動きが節目に接するたびに、上昇→下降あるいは下降→上昇と変化をもたらしている事実から重要性が分かります。



ちなみに、ディセンディング・トライアングルとはブレイク後に下降トレンドを形成するチャートパターンです。


【ドル円】テクニカル予想 日足ベースで見る売り優位の展開

usdjpy-technical-expected-2

月足では、下よりの持合い相場の結論でした。



月単位の下目線ですが、週単位ではどうでしょうか?週足のドル円を見てみましょう。



週足のドル円テクニカル予想では、売り手優位の展開が分析できます。



その理由は、段階的に買い手が弱く、売り手が強い値動きに変化しているからです。



例えば、月足で把握した、トレンドライン(白線)とレジスタンス領域(水色)を以下の見方で捉えます。


  • トレンドライン(白線)→ドル円の上限
  • レジスタンス領域(水色)→ドル円の下限




これらは、三角持ち合いの上下限として見れます。
上限から下限にかけての値動きは、売り手優位です。



分かりやすいのは、チャート状に描写した赤枠と緑枠。 赤枠の下降局面に対して、緑枠の上昇局面ではジリ上げとなっています。



ジリ上げの上昇局面では、陰線と陽線がほとんど交互に形成しており、上がったら下がる・下がれば上がるといった感じです。



一方で下降局面は、大陰線が目立ち比較的に一方向へ下がるような展開が見られます。



【ドル円】テクニカル予想 ミクロ環境は持合いから下?

usdjpy-technical-expected-3

ドル円は週足のテクニカル予想で「売り手優位」とお伝えしました。



4時間足でミクロ環境の分析を行い、売り手優位の相場を細かく分析しましょう。



イメージとしては、マクロ環境で大きな的(まと)を探し、ミクロ環境で狙いを付け精度を上げる感じです。



前述した上下限の値動きを見ると、段階的な売り手優位の変化が見て取れます。


  • 赤矢印→下降局面で短期間で下限まで落とす値動きへ変化している
  • 緑矢印→上昇局面で時間をかけ上限まで上げる値動きへ変化している




値動きを追っていくと、段階的に下落の角度が急になっているのが分かります。


つまり、段階的に短期間で下落を起こすように変化しているという事。

週明けのドル円は下目線の見立てになる。

ドル円テクニカル予想まとめ

2020年9月14日時点のドル円テクニカル予想をお届けしました。


現状のドル円は下目線で私は考えています。
もちろん、あくまで個人的な目線です。実際の売買判断は読者の皆様で行ってください。


また、私自身の過去7年間のトレード経験を元に「無料テクニカル講座」を当ブログでは掲載しています。


過去にFX教材や本を読んでも、チャートが読めない方の参考になれば嬉しいです。


また、「この銘柄を分析してほしい!」といった依頼も受け付けます。
コメントかTwitterのDMで教えてください。(チャートがあれば何でもok)

【ドル円】テクニカル予想「売り手優位の展開。直下は重要な節目」

ドル円をリアルタイムチャートで分析している動画です。
本記事の内容は、こちらの分析を元に文章化しています。

FX業者によってチャートは違うので、同じチャート推奨です。
最大3000倍レバレッジのFBS(エフビーエス)を使っています。

私がトレードで使っているのもFBSです。
デモ口座とかで良いので、自身の分析と照らし合わせてみてください。

【執筆者・ゆうき@FX系ライター】
FXジャンルを専門に記事を書くWebライター。為替を中心に、指数・仮想通貨を取引する現役トレーダーでもある。
自身の勉強も兼ねて当サイト「TradersCAVE」を運営。
相場のシナリオをメディアに寄稿したり、初心者向けの記事などを多く受注。

【使っているFX業者は?】
TitanFX(タイタンFX)
ブレード口座を2021年からメインに使用中。
手数料の安いECN口座、ゴールドのスプレッドも狭いので気に入ってます。
(ECN口座は、手数料を支払って低スプレッドで取引する口座だよ!)

FXGT(エフエックスGT)
仮想通貨CFDが最大1000倍レバレッジで取引できる
現物保有に興味ないので、一番レバレッジの高いFXGTを仮想通貨取引に愛用中。

【お仕事募集中】
FXに関連するトレード知識を書くWebライターです。
お仕事依頼、ご相談はツイッターDM。
またはクラウドワークスにメッセージをお気軽に!

【連絡】
クラウドワークス 
ツイッター

コメント

  1. […] 無料テクニカル講座の一覧 […]