【無料テクニカル講座】「MTF(マルチタイムフレーム)分析」を習得!時間軸で見る相場本質。

fx-mtf-kaisetsu-title 無料テクニカル講座

1時間足、日足など複数の時間軸でチャートを見る「MTF(マルチタイムフレーム)分析」。
単一の時間軸だけでなく、相場全体の流れを見る分析術です。



「移動平均線を長期・中期・短期で表示している」

「日足でレジサポラインを使った逆張り」

「長期足のトレンドに対して順張り」




こんな感じでMTF分析を出来ていると思ってますか?
煽(あお)る感じでごめんなさい。



私自身も最初は、移動平均線を表示してMTF分析が出来ていると勘違いしてました・・・。



でも、実際には出来ておらず、予想とかも当たらないんですよね。



今回はMTF分析の本質をシンプルに解説。
前回の無料テクニカル講座「ローソク足」と組み合わせれば、ダマしも減らせて有用です。

【無料テクニカル講座】 ローソク足の基本を解説!相場を読む為の本質。



MTF分析の使い方は3つのルールを使う

fx-mtf-kaisetsu-1
MTF分析のルール3つ

①長期足からチャートを分析する
②長期足ほど重視してシナリオを組み立てる
③トレンド・レンジだけでなく進行状況も見る

じゃあ、MTF分析ってどうやるの?


上記3つのルールで、複数の時間軸でチャートを見ます。



長期足って?こんな疑問もあると思います。
まずは、長期足~短期足までコチラの分類で見ていきましょう。


【長期足】月足・週足
【中期足】日足
【短期足】4時間足・1時間足以下


もちろん、12時間足とか3日足もあります。
見る時間足が多すぎても、情報過多で混乱の原因に。



ちなみに、私自身は仮想通貨チャートに関しては12時間足・8時間足・2時間足を追加します。(市場に応じて特性があるからです。)



とは言え、まずは基本形に慣れておきましょう。
細かい小技は、今後の無料テクニカル講座で発信予定です。



各ルールを分かりやすく解説します。



もし、似たようなルールでMTF分析出来てるなら読み飛ばしOKです。



長期足からチャートを分析する

MTF分析で重要なポイント「長期足からチャートを分析する」です。
必ず、月足→週足→日足とチャート分析は行いましょう。



理由はシンプルに、長期足ほど重要だからです。



例えば、日足は24時間で1本のローソク足になります。
見方を変えれば、1時間足が24本です。



単純に、長期足ほど見てるトレーダー・投資家は多くなります。



ちなみに、私のテクニカル分析記事を読むと、必ず月足から環境認識。
大きな流れを見て、小さな流れを見るといった感じです。


長期足ほど重視してシナリオを組み立てる

長期足を重視してシナリオを組み立てるのが重要です。
レジスタンスライン・サポートラインの「節目」は基本的には長期足ほど意識されやすい。



なぜ、長期足の節目が重要なのか?
シンプルに長く相場で意識されている事実があるからです。



例えば、水平線を引くときは「2回以上は価格が反応したポイント」とかにに引きますよね?

  • 少なくとも2日はサポートされたライン
  • 少なくとも2時間はサポートされたライン



2時間より、2日見られた値動きの方が信憑性ありますよね?



仮に月足なら、年間レベルで見られた値動きです。



過去10年間下抜けしないサポートライン・・・これなら絶好の買いポイントでしょう?


トレンド・レンジだけでなく進行状況も見る

おそらく、出来てない人が多いのがコレ。
「トレンド・レンジだけ」をMTF分析で見ていませんか?



日足が上昇トレンドだから、買い戦略のデイトレードをしよう」とか。
週足のサポートラインだから、ここで買おう」とかですね。



もし、その時が日足の上昇トレンド転換、週足サポート割れなら?
→ボロ負けですね。



トレンド・レンジの細かい部分も分析しましょう。
トレンドやレンジが終わるタイミングを知らないと、大損する原因になります。



具体例を上げると「アップルショック」ですね。
アップルショックは、MTF分析を習得するだけで、実は爆益チャンスでした。



MTF分析で振り返ると・・・
→ 長期足は下にネックラインを控えるチャートパターン
→中期足は絶好の売り場


といった感じで、そもそもが売り目線の展開だったんですよね。



私のトレードスタイル、年に数回の超スイングトレードはこういった場面でエントリーです。



数か月は平気で放置できるので、その間に別の事できますからね。



もちろん、損切りはシビアにやってますよ。
勝率60~70%ぐらいの凡人トレーダーですから。


【具体例】MTF分析を実践してみましょう

fx-mtf-kaisetsu-3

ちょうど良いのでアップルショックの相場をMTF分析してみましょう。



実践に近い形で細かく解説いれます。
(私の思考回路を盗んで下さい)



実際にドル円チャートを振り返って下さいね。



私が使っているのはFBSのスタンダード口座なので、同じチャート推奨です。
(FBSの口座開設はコチラ)←入金とか取引はご自由に、チャートは無料で見れますからね。



✓MTF分析の流れ
月足→週足→日足→4時間足→1時間足


これで見ていきます。
実際にエントリ-ポイントが近づくと、1時間足以下も分析します。



各時間軸の分析方法は同じ。
見ていく時間軸が違い、長期足に優先順位を振るだけです。


ドル円チャートで「アップルショックをMTF分析」

mtf-kaisetsu-appleshock-1
ドル円チャート 月足

ドル円チャートを使って解説しますね。
アップルショックが発生したのは2019年1月3日、一瞬で500pipsの大暴落です。



とは言え、月足で見ると過去最大の下げではありません。
(この時点で、ある程度は予想できた自体だと考えられますね。)


アップルショックは買いポジションを持っていれば大損失。
月足をざっくり見ても、買い時ではない印象です。



本来の買い時は「過去の価格より割安な時」ですね?
月足を見ると別に、割安ってわけでもない。



mtf-kaisetsu-appleshock-2
ドル円 月足

少し月足をズームイン。
そもそも売り場だったと確認しておきましょう。



何度も売られてきた水準が月足で分かります。
上髭で何度も高値が止まっていますね。



仮に買うとしても、月足の安値はさらに下。
アップルショックの下げ止まりは、実は超分かりやすい安値です。


mtf-kaisetsu-appleshock-3
ドル円チャート 週足

週足に落としてみましょう。
月足では、アップルショック前に売り場があったよね?って展開でした。



ようするにアップルショックが終わるまで、買い場としては分析できません。



週足では、「絶対に買うのはあり得ない」といった感じ。



チャートを見た通り、2週連続で続落の陰線でガッツリ実態部分も残しています。
アップルショックは予測不可能な急落ではなく、暴落ですね。



mtf-kaisetsu-appleshock-4
ドル円チャート 日足

ここまで月足、週足とMTF分析してきました。
次は日足で、トレードの具体的な判断をしていきましょう。



結構わかりやすい形ですね。
サポートライン、高値をおさえるレジスタンスラインが明確に引けます。



ラインを複合して考察すると、「三角持ち合い」が見えるといった感じ。
じゃあトレードは、三角持ち合いの抜ける方向へ検討します。



mtf-kaisetsu-appleshock-5
ドル円チャート 4時間足

4時間足でポジションをエントリー判断します。



実際には、超パーフェクトな高値で売りたいので5分足、1分足も高値水準で見るかもです。
(タイミング次第ですね。チャート見れる時間とかもあるので)



赤枠部分に注目すると、売り圧力の変化が分析できます。
短時間で落としやすく変化している形です。



対して、買い圧力は最終的には下髭で巻き返す力も消えております。
今回のドル円チャートだと、三角持ち合い抜けてからエントリーもできそうです。



ローソク足で圧力の変化が分析できないなら、第一回の講座を見直しましょう。
順番に覚えないと役に立たないです。


【無料テクニカル講座】 ローソク足の基本を解説!相場を読む為の本質。


僕の場合は、三角持ち合いの上限で上髭を確認してから売りますね。
この時の売りなら、謙虚に利食いしても約500pipsの利益。



3週間はポジション持ったまま放置できるので効率良いトレードです。



【MTF分析の誤解】コレをやるから「ダマしに翻弄される」

fx-mtf-kaisetsu-2
MTF分析できてないパターンはコレ
  • 複数の移動平均線だけで判断
  • オシレーターのみで逆張り
  • チャートパターンによる偏見

これを実践するのは、人によってはOKかもです。


とは言え、MTF分析としてやってるなら完全アウト。



本質的に重要なのは「リアルな値動き=ローソク足チャート」です。
インジケーターなら平均値、チャートパターンはローソク足が何本か合って初めて形成します。




ようするに、ローソク足チャートが最速。
あとは後発の分析です。



ダマしを避けて、ワントレードで大きく利益を出すなら「まずはシンプルなチャートだけで分析」の習慣を付けましょう。



色々試したけど、私はこれが一番の近道だと思います。



【無料テクニカル講座】MTF分析の徹底解説 まとめ

今回は「【無料テクニカル講座】「MTF(マルチタイムフレーム)分析」を習得!時間軸で見る相場本質。」のテーマでした。


MTF分析は複数の時間軸で相場を見る分析術です。
極論は、lesson1のローソク足とMTF分析だけでもトレード知識としては十分だと思います。


あとは、チャートをひたすら研究しつつ、小技でチャートパターンとか理論で小ネタを増やすイメージです。


今回も動画解説を用意したので、記事を読破したら見てください。
より細かい、私のMTF分析による思考回路を盗めるかと。

【無料テクニカル講座】「MTFマルチタイムフレーム分析」を習得!時間軸で見る相場本質。

この記事からの限定公開です。
SNSとかで共有するのはご遠慮下さい。

【執筆者・ゆうき@FX系ライター】
FXジャンルを専門に記事を書くWebライター。為替を中心に、指数・仮想通貨を取引する現役トレーダーでもある。
自身の勉強も兼ねて当サイト「TradersCAVE」を運営。
相場のシナリオをメディアに寄稿したり、初心者向けの記事などを多く受注。

【使っているFX業者は?】
TitanFX(タイタンFX)
ブレード口座を2021年からメインに使用中。
手数料の安いECN口座、ゴールドのスプレッドも狭いので気に入ってます。
(ECN口座は、手数料を支払って低スプレッドで取引する口座だよ!)

FXGT(エフエックスGT)
仮想通貨CFDが最大1000倍レバレッジで取引できる
現物保有に興味ないので、一番レバレッジの高いFXGTを仮想通貨取引に愛用中。

【お仕事募集中】
FXに関連するトレード知識を書くWebライターです。
お仕事依頼、ご相談はツイッターDM。
またはクラウドワークスにメッセージをお気軽に!

【連絡】
クラウドワークス 
ツイッター

コメント