【少額で始められる】仮想通貨のレバレッジが高い!オススメ海外取引所3選

cryptcurrency-leverage-recommend-title 仮想通貨

レバレッジが低すぎて、少額で取引できない・・・」仮想通貨のレバレッジ規制が進み、国内取引所の敷居が高くなりましたね。

私も2017年から仮想通貨を取引していますが、当時と比べてトレード資金が高過ぎです。
海外の取引所なら、レバレッジ規制が緩く、割と少額でも取引ができます。

なので、今回は「仮想通貨のレバレッジが高い海外取引所」を3社ほどピックアップしました。

10万円以下のトレード資金で仮想通貨を取引したい方へ、レバレッジの高い海外取引所を紹介します。

仮想通貨のレバレッジが高い海外取引所は?

取引所名最大レバレッジボーナス特典取引所の詳細
Bitterz(ビッターズ)888倍口座開設完了で1万円相当公式サイトを見る
FXGT(エフエックスGT)1000倍口座開設完了で5000円相当公式サイトを見る
CryptoGT(クリプトGT)500倍初回入金で80%還元公式サイトを見る

2021年現在で一番高いレバレッジを提供しているのは「Bitterz(ビッターズ)」です。

2021年現在で一番高いレバレッジを提供しているのは「FXGT(エフエックスGT)」です。

以前は、最大500倍のレバレッジだったFXGTですが、業界最高水準を取り戻すべく「最大1000倍」に上方修正。

他社を圧倒する高いレバレッジとなりました!
担当者に問い合わせたところ、ユーザー数は7万人を超えているらしい・・・・。

仮想通貨取引所と言われますが、FXGTは一応、海外FX業者。

大手が牛耳る世界で、2年未満の短期間で急成長していて景気が良さげですね。

1BTC=500万円で取引される現在、仮想通貨はレバレッジがなくては満足に取引できないのが事実です。

取引数量1BTC0.1BTC0.01BTC
1倍(レバレッジ無し)5,000,000円500,000円50,000円
2倍(国内の取引所)2,500,000円250,000円25,000円
1000倍(海外の取引所)5000円500円50円

例えば、ビットコインを国内取引所で買う場合は、2倍のレバレッジをフル活用しても1BTC=250万円は必要です。

もちろん、実際には価格変動も考えて、資金に余裕を持たせる必要があります。FXGTなら、同じ1BTCの買いでも5000円で取引可能。

10万円の資金でトレードするなら、10分の1も使わないので資金的にも、かなり余裕が大きいです。

仮想通貨をレバレッジの高い取引所を使う3つの魅力

レバレッジの高い海外取引所を使うメリット

過去にも、仮想通貨を問わず「レバレッジ取引をするなら、最大倍率が高い方が良い」と発信してきました。

あらためて、仮想通貨をレバレッジの高い取引所を使う魅力を整理してみましょう。

【海外取引所の魅力①】少額資金で仮想通貨トレード

海外取引所で仮想通貨を高いレバレッジで取引する。
最大のメリット「少額資金でトレードできる」といった点です。

元ある資金で、レバレッジをフルに使えば、もちろん国内取引所でも同じ取引はできます。

とは言え、現場の話をすれば、2倍のレバレッジで同じ取引をしても実用性はほぼありません。

例えば、同じ取引量でも必要な資金は、レバレッジが高いほど少なく済みます。

一方で、レバレッジが低い場合、同時に大きく下がるのが「証拠金維持率」。証拠金維持率は一定割合を下回ると、損失が自動的に決済されます。

同じ取引量でも、利益が出る前に強制的に損失が決済される危険性が高いです。最大レバレッジの高い海外取引所で、同じ取引をするだけでも数段トレードの幅は広がるでしょう。

【海外取引所の魅力②】追証による借金を回避できる

海外取引所を私自身が利用するのは「追証によって借金を抱えることがないから」なんです。

仮想通貨のレバレッジ取引は、億り人と同時に逆億り人も誕生させました。

ようするに、元本割れです。損失が予期せず、元本以上に膨らんでしまった場合は、国内取引所だと自分で支払う必要があります。

実質の借金になりますから、絶対に避けるべき事態です。

海外取引所なら、基本的に「元本以上の損失は、自社が負担する」というゼロカット制度が採用されています。

つまり、元本以上の損失が発生しても、相殺されるのです。仮想通貨のレバレッジ取引で最大のリスク、元本以上の損失がないのは確実にメリットになります。

【海外取引所の魅力③】世界基準の取引プラットフォーム

海外取引所の、実践的なメリットと言えば世界基準の取引プラットフォームが使えること。

今回ピックアップした、レバレッジの高い海外取引所では「MetaTrader5(メタトレーダー5)」が採用されています。

私を含めて、FXトレーダーなら皆が知っている説明不要の定番ツール」です。

MT5が定番ツールな理由は、拡張性の高さです。例えば、取引シグナルを表示したり、通貨強弱を表示するなど無料インジケーターが数多く、インターネット上で公開されています。

私自身は、スプレッドとローソク足の残り時間を表示するインジケーターを追加して、使っています。

自動売買なども使う場合は、より公開されているプログラムの種類が多いMetaTrader4が理想ですが、私の様にチャンス相場で攻める短期トレーダーならMetaTrader5が快適です。

レバレッジの高い仮想通貨取引所を使うデメリットはある?

レバレッジの高い海外取引所を使うデメリット

レバレッジの高い仮想通貨取引所を使うデメリットはあるのでしょうか?

もちろん、あります。

私は、レバレッジの高い仮想通貨取引所を使っていますが、デメリットを理解した上で活用するのがオススメです。

  • アルトコインの取り扱いが少ない
  • レバレッジは使い方が重要
  • 日本語対応が不十分な場合がある

具体的なデメリットは上記3つです。

とは言え、トレード経験がある方なら「こんなの知ってるよ!」レベルのデメリットになります。海外のブローカーや、取引所の利用経験があるなら、読み飛ばしてOKです。

ようするに、デメリットを加味しても前述した魅力が圧倒的なので。

アルトコインの取り扱いが少ない

海外というより、仮想通貨のレバレッジ取引全般に言えるデメリットですが「取り扱い銘柄が少ない」のが挙げられます。

具体的には、ビットコインやイーサリアムなど主要な銘柄のみの取り扱いが基本です。とは言え、他のマイナーなアルトコイン、いわゆる草コインは特にレバレッジが不要だと思います。

急変動で不規則な動きが多いので、あえてレバレッジを取り入れて取引するメリットはないです。仮想通貨の中でも安定した銘柄にレバレッジを取り入れるから意味があります。

レバレッジは使い方が重要

レバレッジは使い方を間違えなければ、高いほどメリットです。
しかし、レバレッジの使い方を誤った時、デメリットになってしまいます。

なぜなら、有効レバレッジを抑えるのがリスク軽減に効果があるからです。例えば、同じ10万円の資金で仮想通貨のレバレッジ取引を考えてみましょう。

1000倍のレバレッジでは、10万円のうち5000円ほどで、1BTC相当の取引が可能です。

日本語対応が不十分な場合がある

海外取引所ですから、日本語対応が不十分なケースもあります。

また、一部では日本人の受け入れをしない海外取引所も。紹介している海外取引所おすすめ3社は日本語サポートが整っており、初心者でも口座を作るのが簡単なものだけを厳選しました。

ちなみに、海外の仮想通貨取引所は、日本人の受け入れが中止になった事例がいくつかあります。

  • Bitterz(ビッターズ)
  • FXGT(エフエックスGT)
  • CryptoGT(クリプトGT)

上記の3社は、厳密には仮想通貨レバレッジ取引ではなく、「CFD(差益決済取引)」なので仮想通貨に関する規制の対象となりません。

難しい話ですが、簡単に説明するとFXや株価指数の取引と同じ様な仕組みです。国内でもCFD業者(DMMやGMO証券など)はあるので、自己判断で使う分には問題ありません。

【今が狙い目】レバレッジの高い仮想通貨取引所 「各社のお得なキャンペーン情報」

海外の仮想通貨取引所がおすすめできる理由は、単にレバレッジの高さだけではありません。

仮想通貨が伸びている今、口座を作っておくメリットがあります。

各社、新規ユーザーを獲得する動きが目立ってきました。
(Bitterzは1年で7万口座に到達しており、取引所も潤っている印象。)


各社が新規ユーザー向けに「豪華な特典」を用意しており、トレード資金を無料で増やせるチャンスです。

【最大888倍レバレッジ】Bitterz(ビッターズ)

888倍レバレッジ海外取引所Bitterz
仮想通貨FXの種類最大レバレッジ取引プラットフォーム入出金
18種類888倍MetaTrader5(パソコン/スマホ)クレジットカード・仮想通貨
  • 10,000相当のトレード資金を口座開設者にプレゼント
    (2021年8月28日(土) 00時00分00秒 ~2021年9月12日(日) 23時59分59秒 (UTC+9))

Bitterzは、口座開設をすると「入金不要で1万円相当のトレード資金がプレゼント」のキャンペーンを期間限定で開催しています。

過去にも数回行われいますが、本記事執筆時点では、5000円→1万円と普段の2倍で実施中です。

私は、去年から使っており、既に受け取ってしまいました。
無料で1万円のトレード資金なら「最大888倍のレバレッジ」を試す絶好の機会ですね。

【ボーナスを受け取る】Bitterzの口座開設ページへ

【最大500倍レバレッジ】FXGT(エフエックスGT)

仮想通貨FXの種類最大レバレッジ取引プラットフォーム入出金
30種類1000倍MetaTrader5(パソコン/スマホ)クレジットカード・仮想通貨・電子ウォレット
  • 新規口座開設ボーナス5,000円相当額のクレジット
    (終了時期未定 ※終了2日前に告知)

FXGTは、私も仮想通貨の取引に愛用しています。
最大1000倍レバレッジに代わってからは一択ですね。

現物保有は、国内の口座でチラホラ持っているのですが、もっぱら「少額資金で短期トレード」をしています。

FXGTは最も高いレバレッジが取り扱え、ビットコイン以外のアルトコイン(XRP/DOT/XLMなど)も取り扱っているのが特徴です。
最近では、ビットコインとダウ平均といった独自のシンセティックペアも取り扱ってます。

現在は、新規口座開設で5,000円相当のクレジットが貰えるキャンペーンを実施中です。
(私が口座開設をした時は、3,000円相当だった)

【ボーナスを受け取る】FXGTの口座開設ページへ

【最大500倍レバレッジ】CryptoGT(クリプトGT)

500倍レバレッジ海外取引所CRYPTOGT
仮想通貨FXの種類最大レバレッジ取引プラットフォーム入出金
61種類500倍MetaTrader5(MT5)仮想通貨
  • 初回入金80%入金ボーナス+回数無制限20%ボーナス
    (終了時期未定)

CryptGTは、取り扱いのある仮想通貨が豊富さが特徴です。

最大500倍と今となっては他社に見劣りするも、GTi20指数の生みの親という特徴があります。
GTi20とは、CryptGTが発行する20種類の仮想通貨をベースとした指数です。

いわゆる、ダウとか日経平均の仮想通貨版をCryptGTが発行しています。

とは言え、最大レバレッジの低さと、FXGTでもGTi20を取り扱っている点から私は使ってません。

CryptoGTはADAやTRXなどアルトコインのレバレッジ取引をする人にはおすすめです。

【ボーナスを受け取る】CryotoGTの口座開設ページへ

レバレッジを取り入れ、短期トレードで稼ぐ!

今回は「【少額で始められる】仮想通貨のレバレッジが高い!オススメ海外取引所3選」のテーマでした。

仮想通貨取引所をレバレッジ重視で探すと、200倍や100倍がおすすめされます。
しかし、2021年最新の仮想通貨取引所では最大で1000倍のレバレッジも。

仮想通貨の取引は、国内のレバレッジ2倍規制が出て以降、完全に海外の業者へ主戦場を変えました。
色々、タイアップイベントやらで聴く取引所より、本記事で紹介した3社が圧倒的な倍率です。

海外取引所の利用経験がない方は、Bitterzが良いのではないでしょうか?僕は、法定通貨で入金したいのでFXGTを愛用しています。

もちろん、レバレッジ取引で上手く稼ぐにはスキル必須です。当サイトTRADERS CAVEでは、無料で学べるコンテンツを中心に発信しています。

口座の準備ができたら、実践スキルを学びつつ、少額から始めてみましょう。

無料テクニカル講座の記事一覧へ

【執筆者・ゆうき@FX系ライター】
FXジャンルを専門に記事を書くWebライター。為替を中心に、指数・仮想通貨を取引する現役トレーダーでもある。
自身の勉強も兼ねて当サイト「TradersCAVE」を運営。
相場のシナリオをメディアに寄稿したり、初心者向けの記事などを多く受注。

【使っているFX業者は?】
TitanFX(タイタンFX)
ブレード口座を2021年からメインに使用中。
手数料の安いECN口座、ゴールドのスプレッドも狭いので気に入ってます。
(ECN口座は、手数料を支払って低スプレッドで取引する口座だよ!)

FXGT(エフエックスGT)
仮想通貨CFDが最大1000倍レバレッジで取引できる
現物保有に興味ないので、一番レバレッジの高いFXGTを仮想通貨取引に愛用中。

【お仕事募集中】
FXに関連するトレード知識を書くWebライターです。
お仕事依頼、ご相談はツイッターDM。
またはクラウドワークスにメッセージをお気軽に!

【連絡】
クラウドワークス 
ツイッター

コメント

  1. […] 【少額で始められる】仮想通貨のレバレッジが高い!オススメ海外取引所3… […]